バイオウィズワン ベータSの口コミと評判

実は簡単に対策できるAGA。この記事では、AGA対策に特化した発毛促進剤『BIO WITH ONE(バイオウィズワン) ベータS』をご紹介します。

頭皮に残った産毛をしっかりと育て上げる!ということを念頭において、この記事を見てみてください。

『BIO WITH ONE(バイオウィズワン) ベータS』

バイオウィズワン ベータSは、AGA対策に30年の実績を持つヘアサロン『バイオテック』社が開発した発毛促進剤です。

頭皮に僅かに残っている産毛状態の髪の毛をしっかりと育毛していくというコンセプトがウリです。

また、全国57店舗での直接のセラピーを受けることもできます。

髪の毛が体毛化するAGA

AGAの対策は1年でピークを迎え、後はそれを維持するという部分に重点がおかれます。

成人男性の9割はAGA(男性型脱毛症)です。

頭頂部のハゲのO型、額のM型、両方が進行するのが特徴です。

そして、後頭部と側頭部は最後まで残るという形になります。

AGAの方の頭皮を見ると、パット見何もなさそうなところでも、産毛があります。これがAGAの特徴です。

毛根は死んでいないということですので、育毛方法次第ではまたしっかりとした髪の毛になることが期待できます。

ただし、育毛状態が悪いと、細い状態で抜けていってしまいます。

そうやって、産毛が生えては抜けるの繰り返しで、髪の毛が体毛化していくのがAGAです。

AGAのメカニズム

テストステロン(男性ホルモン)→毛根の酵素と結びついて→ジヒドロテストステロン(悪玉ホルモン)を発生。これが頭皮状態を悪化させます。

そして悪玉ホルモンに変える酵素が存在しているのは、前頭部と頭頂部のみです。理由は解明されていません。AGAの男性で後頭部と側頭部が禿げているのは、これが原因なのです。

最先端医療によるAGA対策の方法

現在多くのクリニックや医療機関でAGAに対策をうつ場合は、ないふくやくフィナステリドで酵素を抑え、外用薬ミノキシジルで毛髪を活性化させます。

個人差はあれど、1年~1年半で自己ベストの頭髪状態となります。後はそれを維持するという形になります。

AGA治療の止め時は、本人次第です。治療をストップすると、再度薄くなっていきます。

AGAの治療の止め時

治療を止めると元に戻るAGA。治療の止め時は、目的達成時です。

例えば、独身なら、結婚までAGA治療を頑張る。といった具合です。

年齢を重ねて、「もういいか!」と思ったら止める。という割り切りも重要です。

コメント